【トリビア】書面を作成しなければ効力が生じない契約

署名する文書

法律上、書面を作成しないと効力が発生しない契約を「要式契約」といいます。
我が国では、保証契約と定期借地契約などが各法律で要式契約とされています。
これらの契約は、必ず契約内容を書面にすることにより、本人の契約締結意思をしっかりと確認しようとするもので、その意志の表れとして、署名(記名押印)が行われます。
なお、保証契約には、連帯保証契約、根保証契約、身元保証契約など幾つかの種類があります。

タイトルとURLをコピーしました