【トリビア】ICカードと生体認証

金融取引と印鑑

キャッシュカードやクレジットカードの情報を特殊な機械で盗み読み、カードを不正に使用する犯罪を防止するため、カードにICチップを組み込んだICカードを発行する銀行が多くなっています。
ICカードはカードに埋め込まれたICチップで情報を記憶する方式で、データを不正に替えたり、読み取ることが非常に難しい、安全性の高いカードです。
この他にも、手のひらや指先の静脈の形といった個人の身体の特徴などで、カード所有者本人であることを確認(認証)することで、カードの不正使用を防ぐ生体認証システムを採用している金融機関があります。

タイトルとURLをコピーしました