金融取引と印鑑

金融取引と印鑑

【トリビア】手形貸付の場合の対応

手形貸付は、短期資金の借入に利用されることが多く、金融機関は、顧客が振り出した融資額と同額の金融機関宛の約束手形を借用証書のかわりに振り出してもらって融資を実行します。 手形貸付にあたっては、融資取引の基本契約書である銀行取引約定書(一度...
金融取引と印鑑

【トリビア】ICカードと生体認証

キャッシュカードやクレジットカードの情報を特殊な機械で盗み読み、カードを不正に使用する犯罪を防止するため、カードにICチップを組み込んだICカードを発行する銀行が多くなっています。 ICカードはカードに埋め込まれたICチップで情報を記憶す...
金融取引と印鑑

【トリビア】印鑑照合

金融取引を行う際、届出印の照合(印鑑照合)が行われています。 どのような方法で行われているのでしょうか。 また、どのような注意が必要でしょうか。 それでは、確認していきましょう。 印鑑照合に関する最高裁判決の内容 最高裁の...
金融取引と印鑑

【トリビア】当座預金と実印

金融機関の口座には、普通預金口座と当座預金口座があります。 当座預金口座を開設する場合、印鑑届を口座開設依頼人の実印で作成する必要があります。 それはどうしてでしょうか。 確認していきましょう。 当座預金とは 当座預金は、...
金融取引と印鑑

【トリビア】普通預金取引と届出印

金融機関で、普通預金口座を開設する際、印鑑を届け出ると思います。 なぜ、印鑑を届け出る必要があるのでしょうか。 それでは、確認していきましょう。 預金の払い戻しと印鑑照合 不特定・多数人を対象に、短時間で預金の受入・払戻の事...
タイトルとURLをコピーしました